加古川で新築一戸建てを建てる場合の場所選び

加古川市で新築一戸建て住宅を建てる場合には、どのような場所を選んだらよいでしょうか。

場所といっても様々な特徴がありますが、基本的に加古川市は南側は太平洋に面しており、真ん中より北側は山あるいは高台になっています。

つまり南側と中心よりも北側では全く地形が異なるという特徴があるのです。



では南側に新築一戸建て住宅を建築する場合、どうやらことに注意をしたらよいでしょうか。

今すぐ使える朝日新聞デジタルを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

海の近くということで津波などの災害を恐れる人もいますが、基本的に加古川市に接している海は太平洋中でも瀬戸内海になりますので、地震が来たとしても大きな波は起こりにくいです。

もちろんまったく津波は来ないわけではないでしょうが、特別に警戒をする必要はないでしょう。海の近くは煙害対策をしなければなりません。

では塩害対策とは何をするのでしょうか。

基本的に潮風によって住宅は劣化してしまいます。金属部分だけでなく、外壁なども劣化しやすくなるため、潮風に注意外壁材や塗料を使うことが重要です。塗料を使う場合にはアクリル系の塗料を使うとよいでしょう。



またサイディングなどは樹脂系へ再リングを利用するとあまり劣化をすることはなくなります。
これに対して中央より北の部分はどうでしょうか。


中央部分は市街地になっており、加古川より北側は高台になっているのが特徴です。
高台になっているところはアップダウンが多く不便ですが、水害や地震の津波などは起こりにくいことから、災害に強い場所ということができます。


そのようなところに新築一戸建て住宅を建ててもよいでしょう。